導入改善事例一詳細

品棚の欠品が散見される事が大きな課題となっていた。

業種
食品スーパー
神奈川県の食品スーパーA社は、県内でも有数の来客者数を誇る反面、接客販売以外の業務の滞りが顕著になっていた。中でも、営業前や営業時間中の品出し作業が追い付かず、商品棚の欠品が散見される事が大きな課題となっていた。
・早朝の時間だけでは開店までに品出し作業が終わらないが、追加人員のための募集費も多くかける事ができず、抜本的な改善が進まなかった。
・店長や社員も日々の品出し作業に参加する必要が出てしまい、本来の管理業務などは後回しになりつつあった。
・社員・アルバイトの残業時間が徐々に増加しており、従業員の離職率にも影響を与え始めていた。
・品出し作業の大半を閉店後の深夜帯に完了させる事で、オープン直後の販売ピークに販売機会ロスが減り、売上増につながった。
・作業効率が低かった早朝~日中の品出しパートアルバイト人数を最小限に抑える事によって、人員コストと募集コストの圧縮ができた。
・店長・社員が店舗管理に集中できる時間帯が増え、売上拡大の為のキャンペーンや企画を定期的にうてるようになった。
アセットオールは、「足りない人手」を補うだけでなく「お客様の目標達成につながる」提案型人材サービスを目指し、多くのお客様にご満足頂いております。

事例一覧に戻る

少しでも気になること、ご不明な点はご連絡ください。

少しでも気になること、ご不明な点はご連絡ください。

アセットオールは、クライアント様のファーストコールカンパニーを目指しています。

XX:00 ~ XX:00

page top